エンジニアのお仕事

自分に合った仕事を選んで遣り甲斐を見つけることが大事

システムエンジニアという特徴の一つとして、近年ではプレゼンテーションの能力が必要という事実があります。顧客先であるユーザー側に対して、新システムに乗り換えることに関するメリットなどを上手く説明出来るか出来ないかで、売り上げも、将来的な可能性としても大きな違いとなってくるからです。そして、最近の傾向としてはシステムエンジニアの本来の能力としての、理路整然と説明するということよりも、ユーザー側に解りやすく伝えることの出来る巧みな話術などが求められるという傾向になっています。そして、それと同時に人間的な魅力までも求められるという一面もあり、仕事だけではなく話題づくりも含めて趣味などの幅を広げようと努力している人も少なくありません。

自分らしさを求めて純粋にシステム開発に取り組める環境を選ぶ

もちろん、人間的な魅力を高めるということは大切な事なのですが、それをシステムエンジニアを採用する際に求められてしまうと違和感を感じるという人も、実はシステムエンジニアの中には多いという現状もあります。つまり、ユーザー側に採用されるための要素が、営業的な要素の一つであると感じてしまうためです。実際、以前のシステムエンジニア像としては、営業と組んで、ユーザー側とのやり取りは営業に任せるというものでした。しかし、最近は人件費削減という観点からも、システムエンジニアが双方の役割を担っているケースが少なくありません。そして、そういった働き方ではなく、純粋に開発職として採用されるシステムエンジニアの求人を探しているのであれば、とにかく人材派遣会社のIT系の求人で採用されるのが一番のオススメの方法と言えるでしょう。